ホルモンを減らせば薄くなる? | 男のムダ毛を薄くする!

ホルモンと体毛の関係

通常、女性よりも男性の方が体毛が多く、毛自体も太く濃いです。女性よりも男性の方が体毛が発達しているのは男性ホルモンが関係しているといわれます。

毛深い女性がムダ毛解消のためにホルモン注射を選ぶケースがまれにありますが、女性ホルモン量が多くある女性の場合は、期待するほどの効果は望めないと考えられてます。

毛が濃いからと身体のホルモンバランスをいじって毛を薄くしようとするのはリスクが高すぎます。女性ホルモンの摂取量にもよりますが、女性ホルモンを摂取した男性がは当然、女性化がなんらか起こるんです。ムダ毛が薄くなるという女性化以外に頭髪の毛が薄くなるかもしれませんし、声が女性のように高くなるかもしれません。想定外に胸が膨らむかもしれません。

ムダ毛と男性ホルモンの密接な関係

思春期に多く分泌される男性ホルモン

男の子が思春期になると、男性ホルモンが多く分泌されます。男性ホルモンの影響で筋肉の多い男らしい体に変わってます。
男の子だけでなく女の子の場合も、思春期をには男性ホルモンの分泌が増えてくるため、やはり女性も体毛が増えます。ムダ毛に悩み始めるのはこの頃からです。
男性ホルモンの分泌量にはそれぞれ個人差があります。ですから、人それぞれ体毛の量や濃さが違うんです。

男性ホルモン薄毛の原因

体毛を濃くする原因は男性ホルモンですが、男性ホルモンの影響で頭髪の場合は抜けやすくなり、薄毛の原因になります。体毛の濃さよりも深刻です。男性ホルモンの影響は、男性の前頭部(おでこ)や頭頂部(頭の真上部)の毛が抜けやすくなる現象です。

女性ホルモンバランスの乱れ、減少によって増加する体毛

ストレスや食生活の乱れ、不規則な生活などさまざまな要因で女性ホルモンのバランスは簡単に乱れます。結果として分泌が悪くなった女性ホルモンよりも一定量通常通り分泌されている男性ホルモンが強くなります。
結果としてムダ毛が濃くなっていくことがあります。更年期障害を迎えた女性の体毛が濃くなるのもホルモンバランスの乱れが原因です。